SAMURAIFACTORY もぐらの穴 忍者ブログ
暗くて狭いが、ここが俺の巣。 日常の中から涌き出てくるかもしれない、些細な思いをうだうだ、ゆらゆらと書き綴り、、 たまには音楽を楽しんで、しょぼしょぼと溜めこんでゆく。 ・・・・・・・。まぁ、茶でも飲んでいけや。      コメント大歓迎。何でも書いてください
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
3年前から、計画を立てては天候などにより登れなかった穂高に、ついに登りました。 
天気予報は微妙な感じでしたが、「荒れても引き返せそうな涸沢までなら…」と、とりあえずテントを担いで向かって正解でした。 
天候は良好。 
今まで登った山とは別格な感じでした。でかい。ごつい。高い。

行程の詳細はこちら

PR
2017/6/9 the ピーズが30周年記念で、武道館ライブに踏み切った。
ロックの日だ。
http://thepees30th.com/

東京の友人がチケットを取ってくれて、行けることになった。
有休を取って行くことになった。
東京で、もう一人の友達とも合流して遊ぶことになった。

登山仲間と3人で。
GWの登山は、槍ヶ岳、北穂高岳、八ヶ岳を候補に挙げていたが、天候を見て八ヶ岳に登ることにした。

1日目:美濃戸~赤岳鉱泉
2日目:硫黄岳~赤岳縦走
3日目:赤岳鉱泉~美濃戸

行程の詳細と写真はこちら

あけましておめでとうございます。

昨年と同じく、ご来光を拝みに霊仙山に登ってきました。
山頂付近の避難小屋で1泊。

山頂付近の気温は-2~3℃、室内の気温は2~3℃くらいで快適でした。
昨年は泊り組が我々の他に2組居ましたが、今回は誰も居ませんでした。
晩飯はステーキや蕎麦など、かなり豪華でした。
山で食う肉はうまい。

年が明けて元日、この時期の朝方は悪天候のことが多く、天気予報も曇りでした。
山頂付近はガスで覆われて、ご来光は厳しいと思いつつも登り、やはり見れませんでした。

7合目まではぬかるみがひどくて、きつかった。
ご来光は拝めませんでしたが、大晦日の夕日はとても綺麗でした。
何とか怪我もなく無事に下山できたので、良しとしましょう!
今年も一年、怪我なく過ごせますように!

行程の詳細はこちら
サバゲーを始めて、1年くらいたった。
最近、ヘルメットにカメラをくっつけて、動画を撮るようになった。

それがこれ↓
サバゲー動画


新カテゴリのお知らせ。
「武器庫」
サバゲー関係の記事です。
これだけを見に、わざわざやってきた。
…歩いて往復してみるか。暇だし。
どこから見てもよく目立つ、憧れの山に登ってきました。 

●1日目(上高地→横尾) 
上高地~横尾は平たんな道を数kmひたすら歩くだけ。 
ザックの背負い方が適当だったのと、急いで歩いたせいで、右の股関節を痛めた。 
2日目以降、その痛みが残って辛かった。 
●2日目(横尾→槍ヶ岳山荘→殺生小屋) 
ババ平まではほとんど平坦な道。 
それ以降はひたすら登り。長い。辛い。 
当初の予定では、山頂付近の槍ヶ岳山荘のテント場を使うつもりだったけど、山荘に着く10分ほど前にテント場が一杯になってしまった。 
泣きながら、少し下った所にある殺生小屋まで引き返した。 
槍ヶ岳山荘のテント場は午前中に埋まってしまうらしいので、2日目は槍沢ロッヂ辺りからスタートできるようにしたほうが良い。 
●3日目(殺生小屋→槍ヶ岳→下山) 
槍ヶ岳の山頂は見た目通り狭いので、長居できない。 
「タイミング良くご来光が見れたら良いなー」と思いながら登ったら、山頂に着いてすぐにご来光が見れた。運がいい。 
ご来光が見れたのは良かったけど、山頂に着くと、外国人の集団が山頂を占拠していた。 
すれ違った人の話によると、ご来光待ちでずっと動かないらしい。 
適当に写真を撮って、すぐに下りた。 
槍ヶ岳の山頂は険しそうに見えるが、鎖やハシゴが整備されていて安全に登ることができた。 
登ったというよりも、登らせて頂いたという感じですな。 
長い下りは、地獄の苦しみでした。

行程の詳細はこちら
雷鳥荘で前泊してから翌日に周回するという、贅沢三昧な登山でした。 
宿も道も景色も天気も温泉も、全部よかった。 
これはたまらん。 
また来たいです。 

行程の詳細はこちら
次のページ >>
カウンター
日時計
昇っていくんか。。
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
落ちていくんか。。
忍者アナライズ
最新コメント
[01/10 えりさん]
[01/05 えり]
[05/07 もぐ]
[05/05 えり]
[04/08 http://amaoto.main.jp/music/]
[03/13 もぐ]
[03/13 えり]
[07/14 totoro]
[07/13 もぐ]
[07/13 もぐ]
何処だここは・・・
あぁ、俺の寝床か。。。
HN:
もぐ
年齢:
36
性別:
男性
誕生日:
1981/05/01
職業:
エンジニア
趣味:
散髪
自己紹介:
知能は子供
心はじじい
体はオヤジ

  もーだめだー!
  限界じゃー!!!
  ・・・なんとかせねば。
ヨッコラショ・・・
ブログ内 検索機
忍者ブログ [PR]